header

2009.12.18

クリスマスとお正月

ピック.jpg

今日からクリスマスディナーが始まります。
そこで・・昨日、延々と作ったのがこのピック。

ピックB.jpg

料理ではなく、お客様のテーブルに登場します。
さぁ、どのように登場するかは当日のお楽しみです。

クリスマスデザート.jpg

この手は・・
メートルド・テルの生田です。
今年の生田スペシャルはこれ!
デザートですが、アイスクリームではありません。
必殺新兵器でサプライズです(笑)。
クリスマスな夜・・
お楽しみにお出かけください。

クリスマス2.jpg

そして・・
クリスマスが終わると慌ただしくお正月。
不安も不満も沢山ある世の中ですが、いつも元気でいたいと思います。

正月飾り.jpg

魔よけを込めて、今年はこのような正月飾りを用意しました。
お正月には、この飾りが皆様をお出迎え致します。
いい年を迎えたいものですね・・。

お知らせ
NEWSに年末年始営業のお知らせアップ致しました。


2009.12.12

厳選した材料を使うということ・・。

材料.jpg

今日から三越高松店の地下1階で、クリスマスオードヴルの予約受付が始まりました。急に決まった企画なので、周知も十分できないまま本日を迎えたにも関わらず、限定個数30個に近いご予約を頂戴しました。
これほど反響頂くなんて、誰も思ってませんでした。
本当に有り難く、ウレシイ限りです。
「これ、ほんまにキバさんとこで作っとん?」というお問い合わせもあったようですが、正真正銘一個ずつ木場をはじめボワ・エ・デュポンのスタッフが手作りしますので、ご安心ください。
材料も厳選して新鮮なモノをお届けすることに、日ごろから心血注いでいます。フランスから届くフォワグラも冷凍ではなく、フレッシュにこだわっています。きっと、お召し上がり頂くと違いが分かるはずです。
お願いと致しましては・・・防腐剤などを使用しておりませんので、
お早めに召しあがって欲しいということだけです。
限定数を増やすことも検討中のようですが、何といっても無理はできません。美味しいモノをお届けする為には、限界もあります。
どうぞご理解頂きますよう、お願い致します。

IMG_1972.jpg

12月も10日を過ぎました。
来週からは寒波がやってくるようです。
お正月まで慌ただしい日々が続くことと思いますが、冬の夜長・・
あったかい部屋でロウソクでも灯しながら、
ゆったりと過ごす時間も持ちたいものです。

IMG_2719.jpg

2009.12.09

どんな時も変わらない仕事。

おせち写真.jpg

osechi.jpg

このクリスマスからお正月に向けて、ムッシュ木場の長〜い料理人生活
において初めての経験が待っている。高松三越で販売されるクリスマスオードヴルとおせち料理。
おせち料理については、ここ何年かずーっと頂いていたお話だったが、ずーっと木場はお断りし続けてきた。
1度は、やろうと決めておせちの折などの話も進み始めていた時期に「やっぱり止める。」と言って、ご迷惑おかけしたことも。
そこには、お客様の顔が見える場所でしか仕事してきていないムッシュ木場とって、お客様の顔が見えない仕事が不安でならないという思いが何よりあった。
二蝶さんとのコラボで、山本さんのおせちのノウハウをもってお届けできることが、今回実現に至った最大の理由であることは言うまでもないのだけど、いつもと変わらない仕事をすることでお届けできるものがあるのなら・・、それを望んでいるお客様がいるのなら・・という思いが不安より強くなったことも事実。

おせち写真2.jpg

クリスマスオードヴル.jpg

「やる」となったら、とことんやるのがムッシュ木場の信条。
今は迷いよりも、いい緊張感を頂いている。
その中で、クリスマスオードヴルの発売も決まった。
レストランと同じように作り、お届けする。
ただそれだけのことだけど、一番難しい・・。
時間をおけばおくほど、美味しさが半減するので、
お早めにお召し上がりください。
おせち料理は予定の70個お陰さまで完売致しました。
クリスマスオードヴルは、12日(土)から三越高松店で30個限定
予約販売されます。(お引き渡し:12/24(木)午後3時以降)
詳しい販売方法は、HPのNEWSでご確認ください。

2009.12.06

神戸のシーリングワックスが・・。

ワックス.jpg

これは、前回のブログでご紹介したした写真。
神戸で仕入れたシーリングワックス。
次の日には、新婦さまが色をピックアップ。
ボワ・エ・デュポンにてレクチャーしながら、
一緒に1個だけシールを作ってみた。
初めてとは思えない位に、素晴らしい出来。
ツヤもあって、刻印もハッキリついている。
「では、この調子で50枚、大変だけどがんばってね。」と言って、
別れた・・。
翌日、衣装やさんでの打ち合わせ。
そこに彼女が持ってきてくれたのが・・

シーリングワックスお客様編.jpg

早いっ!
すごくきれいに仕上がっていた。
今度は、私がレクチャーしてもらわねば・・・。
さぞ大変だっただろうと思いきや、とても楽しかったらしい。
これが、幸せパワー。
時間がかかったに違いないけど、
ご紹介したモノがこうしてカタチになったり、喜んでもらえると
本当にウレシイ。
仕事だというのに、こんなオマケがもらえるのだから、
とても幸せな仕事だと思う。
思いついたように神戸に行ったけど、渋滞にも巻き込まれたけど、
本当に行ってよかった。
このご招待状にお二人の思いがしっかり詰まって、
受け取るゲストの方々もきっと祝福の気持ちでいっぱいになるだろう。
そして、ここからすべてがスタート。
当日に繋がっていく・・。

お知らせ
お待たせいたしました!
2009 クリスマスディナーのご案内を
本日NEWSにアップ致しました。

2009.11.30

突然向かった先は・・・?

三宮センター街.jpg

突如、結婚式のご招待状に使う筈だった、シーリングワックスの
ご希望色がことごとく欠品ということが判明。
時間はないし、どうしたものか・・困り果てたのだけど。
昨日は、高速1000円の日曜日。
エイっ!と、迷わず車に飛び乗り、向かった先は神戸・・。
はい、またです。
それも・・出掛けた時間は13:40頃。
遅すぎる出発。

淡路パーキングエリア.jpg

この日はどんよりした天気だった分、山々の紅葉の色が深くて
とても美しかった。それにしても、みんなどこへお出かけ?
紅葉見物なのかなぁ?
凄い車の量。
神戸に着いたのが、16:00過ぎ。
我ながら、あっぱれである。
神戸は、人で溢れていた。

神戸.jpg

神戸4.jpg

ケーニヒスクローネ.jpg

神戸3.jpg

先日は、京都がメインだった為に、神戸では、目的のウェディングアイテムを購入後すぐに新幹線に飛び乗り帰高。
イルミネーションを見る時間もなかったのだけど、今回は歩く先々で
こんなに素敵な電飾を見る事ができた。さすが神戸。
毎年、今年で最後といわれてるルミナリエも例年どおり行われるようです。

ワックス.jpg

この日探し求めたメインは、
フランス・エルバン社のシーリングワックス。絶妙な色味。
3件目でようやく揃えることができた。
と、ホッとする暇もなく、大丸神戸店へ。
クリスマスの飾り付けを見たいと思っていたのに、今年は様子がチョット違うよう。クリスマス商品は、ほとんど扱いなし。
イル・ド・フランスの飾り付けを特に楽しみにしていたのに、
店自体が撤退して、違う店に変わっていた。全くの的外れ。
神戸のデパートでも、こんな状況なのか・・と、ガックリ。

買い物.jpg

今回の収穫は・・。
かやぶきんやファイバークロスに、台所用固形せっけん。
気分はお正月に向けての大掃除?!
ずーっと欲しかった、シーリングワックスの本もゲット。
急に思い立った割には、用事も済ますことできたし、よく歩いたし。
滞在時間、約3時間。上出来!

高速.jpg

だけど・・そんなに何もかもうまくいかない。
帰りは、高速で玉突き事故に巻き込まれ、大渋滞。
帰ったら、23時前。
行き当たりばったりの行動に、子どもたちには呆れられましたが、
自分でも感心するくらい疲れはなく、本日もすこぶる元気です。

2009.11.29

スケジュール帳

新神戸.jpg

新神戸2.jpg

先日、京都から神戸に出掛けた際、唯一自分の為に買ったモノが・・
普段から愛用している、モレスキンのスケジュール帳。
最近は、手帳の種類も多くて選び甲斐があるみたいですね。
でも、私は毎年モレスキンとペーパーブランクスのスケジュール帳に決めている。私の大好きな漂泊(興味のある方は左のLinkのタブをクリックして!)というお店で出会ったのが、きっかけ。

モレスキン (3).jpg

モレスキン (2).jpg

モレスキンは、シンプルで手帳の仕様(中の内容)が選べるのが魅力。
私の場合、毎日のページは必要ないのだけれど、メモするところが一杯欲しい。これにピッタリの仕様がモレスキンにはあるのです。
サイズも小さいモノから大きいモノまで・・いろいろ。
今年は、B5サイズを東急ハンズ三宮店でゲット。
この大きいサイズは初めて見た。薄くて軽い。
それに、私の書く字は大きいし、最近老眼の進みがめちゃくちゃ
順調で・・迷わずこれに決めた。
ただ、外国製のものは、祝日や暦がついていない。
毎年のことだけど、DIARYを手に入れると来年の抱負などが自然に頭に浮かんだりして、やる気が断然出てくるのは不思議。

手帳.jpg

もうひとつのスケジュール帳(茶系)は、お産でお休みしていた漂泊が再開したと聞き、覗いた時に手に入れた。
機能的で、ポケットがついていたり、見やすい(田舎者の私も間違わない)取り外せる地下鉄路線マップが、とっても気に入っている。
日本人向き。
とても使い勝手がよい。11月から使えるところもいい。
表紙の柄や質感がいろいろあって、こっちは選ぶ楽しみもある。
ウエディングのお世話をしているので、暦がついているタイプのものは必要不可欠。ただ、チョット厚いのが難。
だから、今年は、小さいサイズのものにした。
今までは、余りメモする習慣などなかったけど、使い始めるとこんなに便利なモノはないし、結構頼りになる。
人間の記憶なんて、あてにならない。
メモすれば、安心だし、忘れて落ち込む事もない。
ただし、メモするのを忘れた時は、落ち込むしかない・・のだけど。

2009.11.28

慌ただしく・・11月。Part2

栗林公園4.jpg

慌ただしい11月でも、ゆっくり時間を過ごすこともありました。
高松にお住まいの方、栗林公園のライトアップはご存じでしょうか?

栗林公園3.jpg

桜の時期のライトアップは私も知っていましたが、秋にもやってるんですよ。「光葉(こうよう)」と名付けられたこの企画、
今年は、11/20(金)〜11/29(日)まで、
香川県主催で行われています。
私も今年初めて知りました。
そんな私が、どうして知ることになったか・・もちろん理由があります。日暮亭で、二蝶の山本料理長がイタリアン、ラ・サルーテの中野シェフと一緒にコラボするという情報をキャッチしたからです。

栗林公園 (2).jpg

二蝶の山本料理長のことは、このブログでも何回もご紹介する機会が
ありましたが、イタリアンの中野シェフのことは、今日が初めて。
ご存じない方の為に、少しだけご紹介を・・。
中野さんは、ケータリング専門で、残念ながらお店はされていません。
でも、この方は、料理教室などでも人気講師。
知る人ぞ知る、有名人なんです。
山本さんと中野さんは友人でもあり、ご家族ぐるみのお付き合い。
今回のコラボは、一皿の中での饗宴。
一切火が使えないという、料理人にとっては最難関の企画。
ただ、中野さんのケータリングの経験が山本さんにも心強かったはず。
だから、今回こんなに難しい企画でも、実現に至ったのだと思います。
中野シェフの料理は、こんな機会を狙わないと食べられないんです。
どんな料理か気になりますよね・・。

栗林公園5.jpg

まずは、前菜、アンテパストミストです。
シンプルな亥の子餅という海老芋まんじゅうの中には、な、何と!
フォアグラが・・。一緒に行った友人は、これを食べた途端に奇声を
発し、「美味しいィ」と連呼し続けてました。
生野菜がいくらでも食べれる、バーニャカウダ。
ソースが絶妙で、クセになる味。
写真右上の真丈が入っているカップのスープは、コンソメ。
確かに一皿の中で、コラボしてます。

栗林公園6.jpg

こちらは、ごま豆腐を焼いたもの(食感・味とも想像を絶する美味しさ)にゴルゴンゾーラのソース。チーズ好きにはたまりません。

栗林公園10.jpg

鴨鍋の後のコラボリゾット。
山本さんの仕事に、中野シェフが手を加えた究極のコラボです。
暖がとれない中で膝掛けとホッカイロの心尽くし。
障子と土壁の温かさを改めて知る機会でもありました。
同席させて頂いた皆様の楽しい話と美味しいお料理で心温まる、
本当に素晴らしいお席でした。
残念ながら今年のこの企画は終了しましたが、
次にこのような機会を見つけたら、皆さん、見逃さないでください!
オススメです。

栗林公園7.jpg

栗林公園9.jpg

澄みきった空気の中、水面に映る紅葉の美しさは、昼間では味わえません。この日見た紅葉は、色鮮やかな赤やオレンジとまだ緑色のもみじのコントラストが、とてもキレイでした。
今日を入れて、あと2日。
お散歩がてらに、出掛けられてはいかがですか?

クリスマス1.jpg

さて、忙しかった11月の仕事には、クリスマスの準備もあります。
少しずつレストランの中が、クリスマスモードになってきてます。
毎年、この時期に来られるお客様もいらっしゃいますので、重ならないように毎回テーマを決めて、飾り付けします。

クリスマス3.jpg

今年は、ホワイトクリスマスにレッドのさし色・・。
モダンな中に温かさを加えて、食事の場所にふさわしくなるよう心掛けます。クリスマスメニューが出る頃、
この飾り付けもピークを迎えます。
今年のクリスマスメニュー・・ムッシュ木場は、まだ悩んでいます。
遅い?今頃?
そんな声も聞こえてきそうですが・・違うんです。
美味しい旬の食材を使ってメニューを組みたいムッシュ木場としては、
クリスマスのメニューは、まだまだ早すぎるみたいです。
サプライズをご用意したいメートル・ドテルの生田も悩んでいます。
この産みの苦しみは、必ずや吉とでるはず・・。
あせあせするところですが、もう少しお待ちください!

2009.11.25

慌ただしく・・11月。

徳島・三郷7.JPG

11月も気付けば月末ですね・・。
長らくブログが書けなかったのは、ネタがなかった訳でも、
サボった訳でもなく・・私には珍しく、本当に忙しい毎日で・・。
パソコンの前にゆっくり座れなかったから・・なのです。
そこで、本日は11月の主な出来事のダイジェスト版をお送りします。
ちょこっと長くなるやも知れませんが、最後までお付き合いの程を。

徳島・三郷.JPG

11月の初め・・定休日に徳島のお客様に誘われて、二蝶の山本ご夫婦とフランス在住のお客様と一緒に、
今密かなブームのマクロビオティックを求めて、徳島・美郷村へ。
ここは、蛍の里&梅の産地として有名な村らしい・・。
紅葉はまだまだ・・そんな時期。
一般のお家の客間に通された。
マクロビと言っても、オーガニックを意識したり、菜食主義者でもなさそう。写真のような山の中でただ自給自足しているだけ・・。
中でも、手作りこんにゃくには感動!
蕎麦の茎を天日干しし、手間をかけて作る灰を一般で使う石灰の代わりに使う。歯応えはあるのに、私たちの知っているこんにゃくとは
全く違う。二蝶の山本さんも絶賛。研修に来たいとまで言わせた代物。
栗入り玄米のおこわの上には、紅色に染まった梅干しのタネの中身。

徳島・三郷3.JPG

徳島・三郷6.JPG

天ぷらも徳島の美味しいレンコンやサツマイモはもちろん、
自宅で作っているシイタケ、姫金時人参など・・
笹舟に入れられたピンク色の塩は優しい梅味。

徳島・三郷 (2).JPG

スダチ狩りをさせて頂いたり、

徳島・三郷4.JPG徳島・三郷5.JPG

モミすりや縁側で書き物など・・・。
バタバタと毎日を送っている私たちには何よりの休息。
徳島のMさん、本当にありがとうございました。

kyoto2.JPG

kyoto.JPG

京都2.JPG

日にちが変わって、日帰りで京都・神戸へ・・。
残念ながら、紅葉を見に行った訳ではありません。
仕入れの旅です。
でも、道を歩いていると、必然的に鮮やかな紅葉が目に入ります。
京都の夜の冷え込みのせいでしょうか?
余りに美しかったので、思わずカメラを向けました。
誰がどう見たって、お上りさん(笑)。

錦市場.JPG

錦市場2.JPG

京都の台所。錦市場。
平日の15時頃だというのに、人がいっぱい。
卵やさん、青物屋さん、干物、佃煮、麩・・・専門店ばかりです。
特に漬物やさんと魚屋さんが多く軒を連ねる。
魚屋さんに至っては、ふぐのみ、アナゴのみ取り扱うお店も・・。
活気があって、何だか歳末を思わせる空気感です。

京都4.JPG

帰りに寄ったJR伊勢丹はクリスマス一色。
今年の高松はクリスマスの飾りが少なく、寂しい感じ・・。
デフレスパイラルのせいなのでしょうか?
ボワ・エ・デュポンは、しっかりクリスマスします!!
こんな時こそいつもと違う・・美味しいクリスマスをご用意したいと、
知恵を絞っております。
もう少ししたら、ご案内の手筈が整いますのでしばしお待ちを・・。

ルムニエフェアー2.JPG

そして・・ルムニエ氏のフェアー。
大勢のお客様で大賑わいでした。
彼の真摯な仕事ぶりには、みんなビックリ。
ずーっとスタッフに混じって仕事していた。
物差しで測ったようなチーズカットの技術は、本当にすばらしくて
ムッシュ木場も感心するばかり・・。
彼が熟成させたチーズも、何とも言えない美味しい、奥深い味。

ルムニエフェアー3.JPG

さすが国家最優秀職人。
明るくて、愛想がよくて、よく働く・・素晴らしい人でした。
今回は、ベルギー帰りのスガさん(一番右)がルムニエの通訳をしてくれたので、ムッシュ木場はとっても大助かり。
弟子の成長も確認でき、ルムニエとは、来年また一緒に仕事をしよう・・と誓う、素晴らしい1日となりました。
長くなりましたが・・・
ここまではまだまだ11月前半のお話。
続きは、次のブログで・・。

2009.11.09

チーズ世界チャンピオンを迎えて

チーズ6.jpg

とっても美しく、美味しそうに並べられているのは・・
ケーキではなく、チーズなんです!

チーズ5.jpg

チーズの種類は、食べ易いものから馴染みのないクセの強いものまで、
本当に数えきれない程の種類があります。
地方によって、好みや作り方もそれぞれ・・。
また、カットの仕方や保存の方法で味も変わるという、
とってもデリケートな食材でもあります。

チーズ3.jpg

そんなチーズを知り尽くした人物が、11月13日(FRY)ボワ・エ
・デュポンでフェアーをしてくれることになりました。

ルム二エ氏 (2).jpg

職人でもあり、チーズ世界チャンピオンやM.O.Fという素晴らしい
称号を持っているロドルフ・ルム二エ氏。かなりのイケメン。
食べる事が大好きなフランス人の間で、
「職人」は尊敬するに値する人たち。
料理人もそう。
給料も休暇も優遇されています。
そんな中で、M.O.Fというのは「フランス国家最優秀職人」。
職人の頂点を極めた人なのです。
そんな素晴らしい人物と知り合えたのは、
彼がトゥ−ル市在住だったから。
ご存じのとおり、
トゥ−ル市は高松市と友好姉妹都市として知られていますよね。
今年の春、彼が仕事で来高した際、食事に立ち寄ってくれて、
これまたどういうわけか・・ムッシュ木場と意気投合。
11月に再来高する時には、一緒に仕事がしたいと言ってくださり、
今回のフェアーが実現することに・・。
今回の目玉は、
あのムッシュ木場が人のメニューを忠実に再現すること。
先日のランチフェアーもあり得ない企画でしたが、
今回も考えられない、あり得ない企画なんです。
チーズ好きな方はもちろん、ワイン好きな方も見逃してはいけません。
フェアーの詳しい内容は、HPのNEWSにアップしました。
是非ご覧ください。

2009.10.26

ランチフェアー始まりました!

ランチ.jpg

告知をしておりましたランチフェアーが、10/23〜いよいよ始まりました。
フタを開けてビックリ!
毎日ご予約の電話が鳴り続き、思いもかけず大勢のお客様に反響頂きまして、本当に有り難い限りです。
できるだけ1組でも多くのお客様に楽しんで頂けるよう、
頭を悩ますウレシイ毎日です。

IMG_6337.jpg

菓子工房ルーブの川村チーフパティシエが、
お休み返上でボワ・エ・デュポンの為に考えてくださったオリジナル
ケーキの数々。
今回の企画は、ルーヴさんなしではあり得ませんでした。
本当に感謝です。

ローストビーフ.jpg

幻のローストビーフ。
とっても柔らかく、仕上がりは上々のようです。

ルーヴケーキ.jpg

ルーヴさんのスイ−ツに最後の仕上げ。
和栗のクレームブリュレの表面をキャラメリゼします。
とっても人気の1品です。

くじ2.jpg

お食事の後には、お楽しみの“くじ”。
大人になってもワクワク。
3日間でカタログギフトとディナー券の「当たり」が
1つずつ出ました。
この期間だけのお楽しみです。
あなたにも当たるチャンス、まだまだあります。

お土産2.jpg

外れてもガッカリするなかれ。
ルーヴさんのスイ−ツをもれなくプレゼント。
さっくりとした本当に美味しいクッキー。
次はいつ?
と、聞かれても「・・・。」
そんな特別なランチです。
この3日間で、ご来店頂きながらお席をご用意できなかったお客様、
本当に申し訳ございませんでした。
期間中、ご予約でほぼ満席を頂いておりますが、13時以降であれば
もしかして大丈夫な日もあるかも知れません。
まずは、お電話ください!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。