header

2010.08.30

旅の思い出 南仏編

ブリュッセルからアヴィニヨンへ.jpg

ブリュッセルからアヴィニョンに行くのは、
本来であればTGV直行便があります。
しかし・・今回切符が取れずリヨン経由でした。
思えば、ここからが不幸の始まりだったのです。
リヨンまでは約2時間。
それなのに、2時間半経っても到着する気配なし。
ただ、ここはヨーロッパ。
列車の時間は正確ではないと聞いていたものの・・
このままでは乗換えの列車に間に合いません。
日本人としては、流石に焦ります。
やがて、到着するはずの時間から1時間が経過・・。
周りを見渡したところで、誰も焦っている様子もなく・・。
もしかして、こんなこと日常茶飯事なん?
もう乗換え便に乗れるはずもありません。
段々腹が据わってきました。
ようやくリヨン駅には何とか到着したのですが、
全てのダイヤが混乱しているとかで、
人がごった返しています。
ここでは・・さすがに乗客も駅員も
顔色変えて皆んなバタバタしています。
ヴァカンスが始まっているので、人、人、人・・。
乗るはずだった便も遅れていてラッキーと思ったのも一瞬、
次の便はいつになるか分からないと駅員に言われ、ボー然。
とにかく、アヴィニヨンのTGV駅で待ってくれている
ジェラールさん夫妻に連絡しなければ!
こんな時、ホント携帯って有り難いですよね。
そこへ、アヴィニヨン行きの列車が入ってきました。
今年は、ヨーロッパも26年ぶりの猛暑。
もう暑いし、とにかくこれに乗っちゃえ!
と、乗ったものの見事にドンコウ・・
停車する度に、多くの人が乗ってきます。
まあ、そのうち着くだろうと思っていたら・・
乗ってから40〜50分経った頃、
皆んながこぞって列車から降りて行きます。
「・・・。」

途中下車.jpg

ワケ分からないうちに、
大きな荷物を抱えて知らない小さな駅で降ろされることに。

途中下車2 (2).jpg

水が与えられ、説明が始まりました。
次の駅で人身事故があったとかで、臨時バスに乗せられる模様。

途中下車2.jpg

アヴィニヨンの駅で待ってくれている葉子さんに
電話をして事情を話したところ、1時間かかるこの場所まで
迎えに来てくれることに。
2時間半もお待たせした上に、申し訳ないとは思いつつも
2度あることは3度ないとも限らないので、
厚かましくお願いしました。
そして・・予定より3時間半遅れて、
無事ジェラールさんご夫妻とやっとの思いで再会できたのです。
ブリュッセルを出発して、約8時間が経っていました。

道端の花.JPG

それでも、陽が高いのが救いでした。
道端の花などを楽しみながらプチドライブを経て
アヴィ二ヨンに着いた時には、陽がすっかり落ちていました。

アヴィニヨン.JPG

アヴィニヨン (2).JPG
▲演劇祭メイン会場の法王庁宮殿前

アヴィニヨンは城壁で囲まれた歴史ある街です。
この日はちょうど演劇祭で町中ライトアップされ、
とても賑わっていました。
連れて行って頂いたレストランも、
21時過ぎという時間にも関わらず満席。
凄い活気です。

アヴィニヨンのレストラン.JPG

ジェラールさんと葉子さんと再会.jpg

久しぶりの再会に、話がはずみます。
地元の人気レストランで美味しいブイヤベースをご馳走になり、
こうして長い長い1日が終わったのでした。
次回は・・
すてきなすてきなジェラールさん・葉子さん宅をご紹介します。
ここはシャンブル・ドットなので、1日1組だけですが、
宿泊客を受け入れてくれるお宅です。お楽しみに・・。

葉子さん宅 (3).jpg

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。